ホーム > 特集 > 寿月堂パリ便り

特集|寿月堂パリ便り

本日10月10日、寿月堂パリ店オープン!

Vol.22008.10.10

斬新な店舗設計は建築家 隈研吾氏。1200本の竹が使われた店内は、セーヌ川通りを歩く人たちの視線を独占。パリのサンジェルマン・デプレに本格的なお茶専門店が誕生しました。

一階の中央には日本から空輸した木曽檜のカウンターが象徴的に配置されております。ここでは、選りすぐりの茶器とお菓子で、抹茶セットや煎茶セットなど5種類のメニューがお楽しみ頂けます。また、地下は一階のモダンな空間とはがらっと違う厳かな雰囲気の漂うお茶室兼ギャラリー「茶禅」。現在は茶筒店を開催中。オープニングでは立礼式のお手前を披露し、多くの招待客に五感を通して和の文化を感じてもらい、ご満足頂きました。

一覧へ戻るページトップ

ピックアップ

ページトップに戻る