ホーム > 特集 > 寿月堂パリ便り

特集|寿月堂パリ便り

「寿月堂パリ店」×「クリスチャン・コンスタン」がコラボした「お茶スイーツ」が話題!

Vol.82010.04.06

日本でも有名なパリのチョコレート職人、クリスチャン・コンスタン氏が、寿月堂のお茶を使って新しいお菓子を考案しました。氏はかねてから日本茶とフランス菓子の組み合わせに関心があり、今回は特に「玄米茶」の香ばしさや歯ごたえに興味を持ち、バター風味豊かな「サブレ」を考案。ほのかに感じる塩味が今までにない新しい味、と人気です。そのほか、「抹茶ショコラ」や「ほうじ茶レモンサブレ」など意欲的に新しい味を次々に発表しています。

料理通信2月号(写真右)の特集には、「ショコラの巨匠 クリスチャン・コンスタンは寿月堂のために抹茶サブレを誕生させた」とあり、写真も掲載されました。フランス人の有名パティシエが「抹茶」を使ったスイーツを次々と生み出している様子が特集されています。抹茶の人気は一時的なものでなく、一つの「食材」としての地位を獲得しつつあるようです。

ちなみに現在、クリスチャン・コンスタンのブティックでは、「さくらの花入り煎茶」をはじめ、寿月堂の日本茶を販売しています。茶葉の美味しさはもちろん、モダンな和を表現した寿月堂のパッケージが高く評価され、ウィンドウを飾ることになったのです。
寿月堂は、「お菓子の原料」であっても「高品質な茶葉」を提供し、現地に根ざした「フランス菓子」を通して、今後も美味しさを発信していきます。

(写真 左上)
パリのクリスチャン・コンスタンのブティック

(写真 左下)
店内にはコンスタン氏が厳選した食材が並び、寿月堂の日本茶もこちらで販売されています。
(写真 中央)
寿月堂パリ店で発売し、人気の「抹茶ショコラ」
(右)
料理通信2月号より抜粋

一覧へ戻るページトップ

ピックアップ

ページトップに戻る