ホーム > 特集 > パリ店便り

特集|パリ店便り

パリ店便り

寿月堂 パリ店での展示会やお茶会のイベント情報。

また、お得意様であるホテル、レストラン、カフェなどの情報をパリ店よりお届けいたします。

パリと東京を繋ぐ二人の建築家

Vol.872024.06.14

オリンピック開催まで約1ヶ月。最終の準備段階に入ったパリで、「丹下健三と隈研吾展ー東京大会の建築家たち」が開催されています。

過去2回の東京オリンピックを象徴する競技場を設計した建築家、丹下健三氏と隈研吾氏。 フランスから多大な影響を受けた両氏の軌跡を辿りながらオリンピックが遺すレガシーや未来に向けた建築のあり方を伝える展示会です。

パリ店を含め寿月堂の3店舗をデザインした隈健吾氏は、パリオリンピックの主要なハブとなるサンドニ・プレイエル駅も設計!フランスはもとより世界を舞台に活躍し続けています。

なお、展覧会が開催されているパリ日本文化会館で寿月堂は定期的に日本茶講座も開催しています。 また館内のカフェテリアでは、寿月堂のお茶を召し上がりいただけます。

東京から引き継がれたパリのスポーツの祭典に世界の人々が訪れます。
寿月堂も一人でも多くの方に日本茶の魅力をお伝えしていきたいと思っています!

▶展覧会情報
2024年5月2日 (木) ~6月29日 (土)
会場:パリ日本文化会館(フランス)
丹下健三と隈研吾展 -東京大会の建築家たち
Kenzô Tange - Kengo Kuma
詳細はこちら

©Frederico Martins - Kengo Kuma Portrait

ページトップ

BHV

Vol.862024.04.19

7月のオリンピック開催を目前に控え、着々と準備が進むパリ。街中ではそこかしこに高揚感が高まっています。 マラソンスタートの場所となる市庁舎Hotel de Ville もお祭りムード一色。建物全体がカラフルなオブジェで飾られています。

今回ご紹介するのは、市庁舎の真向かいに佇むLe BHV Marais。直訳すると「市庁舎のデパート」。パリっ子たちにはベーアッシュベーという名称で親しまれています。1856年の創業以来、市庁舎と共に街の歴史を刻んできた老舗百貨店です。

BHVと言えば日曜大工用品。その豊富さは群を抜いています。 近年エピスリーにも力を入れており、紅茶、ジャム、チョコレートなどお土産にもピッタリな商品が陳列された売り場を歩くだけでもワクワクします。 寿月堂とコラボしたキャレ ドゥ ショコラでお馴染みのヴァローナチョコレートもずらりと並んでいます。

お茶のコーナーには寿月堂のお茶も仲間入。 一番人気は抹茶で、抹茶ラテにして手軽に抹茶を楽しむパリジャンが急増中。贈り物としての人気も高く、抹茶とお菓子を組み合わせてギフトにされる方も多いそう。
オリンピック期間に1500万人の方が訪れるパリで、 寿月堂のお茶を世界中の方々に紹介できる事が楽しみです!

ページトップ

パリ店ショーウィンドウ一新

Vol.852024.03.26

寿月堂パリ店は15周年を機に、ショーウィンドウのディスプレイを一新!
セーヌ通りを行き交う人々の注目を集めています。

デザインを担当するのは、パリを拠点に活躍する新進気鋭のアーティスト、村松 彩氏。日本で色彩効果を学んだ後、フランスでテキスタイルデザインの学位を取得し、紙を使ったオブジェの製作を始めました。 今ではDiorやChanelなどの世界のハイブランドのディスプレイも手掛けています。

作品の魅力は、紙でありながら質感や繊細さが表現されれている点。「見る人にワクワクさせるモノづくり」を目指していると言う通り、作品を眺めていると思わずその世界に引き込まれてしまいます。

パリ店では四季をテーマにしたディスプレイを展開。第一弾の秋のテーマは「秋の七草と月」秋の草花と絡めて浮かび上がる金色の月は、まさに「寿月」を連想させる厳かなものでした。冬のテーマは「日本とフランスの冬」。日本人とフランス人がそれぞれに抱く冬のイメージを融合させました。金や赤を配色したクリスマスやお正月の飾りと、白一色の雪景色に佇む合掌造りの家々やモミの木が、祝時の煌びやかさと冬の荘厳さの対比を表します。

3月からのテーマは「日本の桜」。寿月堂のパッケージにも描かれている北斎の「御殿山ノ不二」を連想させる桜の装飾を構想中です。どんな新しい世界を見せてくれるのか楽しみです!

ページトップ

ピックアップ

ページトップに戻る